もっとほんとうのこと

もっとほんとうのこと

近代社会は組織社会です。組織が様々な問題を解決していきます。ゆえに「善き社会づくり」は、「善き組織づくり」が基盤になります。その代表が事業を生業とするカイシャです。

カイシャにおいて、社員ひとりひとりが、ハタラクことを通じて、社会課題を解決している実感を得られること。日常のハタラクを通じて、明るい未来をつくっている実感を手にできること。それが「善き組織」の絶対条件であり、「善き社会」をつくる絶対条件です。カイシャは本来、社員ひとりひとりの「実存」を現象させるメカニズムでなければいけない。「カイシャを手づくり」することが、ひとりひとりの「唯一無二感」を「つくる」メカニズムになっていなければいけない。それが「近代企業」のあるべき姿だと思います。

近代社会には「理想的な組織」が必要なのです。

“もっとほんとうのこと” を求めて。