ー 社員ひとりひとりの働き方改革 ー

ー 社員ひとりひとりの働き方改革 ー

「この会社で働くことは、自分の人生にとってどんな意味があるのだろう」社員が日々の仕事や暮らしを振り返って綴ることばたち。プレコチリコの未来に向かっていく社員1人ひとりの足跡です。

生きるちからをくれる”わからなさ”、を生きる

わたしたちの根源私たちは日々何かしらの意識をして生きています。
今日何を食べるか 目の前の同僚を飲みに誘うか、一人で行くか
明日何を着て会社に行くか 今週の業務は何をどうやるか
目の前の板書を、白板にとるか、紙にとるか
私はなぜそう思ったのか なぜそう思った私は、ここにいるのか 突き詰めて 突...
生きるちからをくれる”わからなさ”、を生きるの画像

自分の仕事に誇りが持てるか 本当の働きがいを求めて

先日、友人とメッセージのやり取りをしていた時の話。仕事を探しているというその友人は「人の役に立つ仕事がしたい」「直接“ありがとう”の言葉が聞ける仕事がいいんだよね」という話をしてくれました。
自分の仕事に誇りが持てるか 本当の働きがいを求めての画像

よどみない言葉を紡ごうとすること

”商品はことば” と掲げた私たちプレコチリコ。自分が思っていること、感じていること、想像していることを淀みなく言葉にできることを目指して、日々アタマの中のストックを取り出したり並び替えてみたりし続けています。
よどみない言葉を紡ごうとすることの画像

ブランドを作っていくのは、誰でもない私たち自身

2001年、創業者の思いから始まった通販会社私たちの事業がスタートしたのは2001年。スマホもネットもメジャーでない時代、はがきと電話機を抱えて通信販売事業を立ち上げました。当時企画開発していた化粧品を皮切りに、様々な商品を販売してきた2000年代は、通販業がインターネットへ主戦場を移す最大の...
ブランドを作っていくのは、誰でもない私たち自身の画像

会社の仕事は終わらない夏休みの宿題、自由研究のよう

毎朝、ものかき部のメンバー数名で朝礼を行っています。テーマと進行は持ち回り。テーマから自分の記憶を辿り、言葉を紡ぐ練習をしています。色んな話が聞けて、わたしも毎朝楽しみにしている時間。今日のテーマは「夏休みの宿題」。
会社の仕事は終わらない夏休みの宿題、自由研究のようの画像

SDGsから考える、持続可能な生き方・働き方とは

「社会の役に立ちたい」と思うことは特別なことではなく、当たり前のこと。採用担当になり、就職活動を行う学生の方とお会いする中で、そんなことを思うようになりました。卒業論文のテーマに社会問題を掲げたり、ボランティア活動に励んだり。
SDGsから考える、持続可能な生き方・働き方とはの画像

分かりやすい合言葉はなくてもいい 理念を「空白」にする理由

小~中学生の頃、クラスで学級目標なるものを決める風習がありました。目標といいつつも、「元気が1番、1組」みたいな、クラスの心を1つにするための「合言葉」として新年度にみんなで案を出し合って
分かりやすい合言葉はなくてもいい 理念を「空白」にする理由の画像

「外の世界」にリアルに触れる通勤時間

この会社に入ってから、毎朝バスで通勤しています。在宅ワークも普及し、通勤時間がなくなって良かった、というような意見もありますが、必ずしも会社に行かなくてもいい中で、自分にとっての通勤時間について考えてみました。
「外の世界」にリアルに触れる通勤時間の画像

【採用コラム】会社の選び方 

プレコチリコでは採用活動も行っています。とはいえ、プレコチリコとしてはスタートしたばかり。これからプレコチリコを一緒につくっていく人を探したいと思っているけど、これまで続いてきた、「プレコチリコを始める前の
【採用コラム】会社の選び方 の画像

会社と自分のリズムを重ね合わせていく働き方とは

心地いい暮らしを届けるため、日々考え続けているわたしたちプレコチリコ。
心地よさ、暮らしを大切に考える会社で働く人はどんな働き方をしているのか。
プライベートの充実を推奨するような一般的な働き方改革ともち
会社と自分のリズムを重ね合わせていく働き方とはの画像

ビジネスって何だろう

「ビジネスという言葉に抵抗があったけれど、誰かのニーズに応え続けることがビジネスだと聞いてから興味が持てるようになった。」
以前どこかで目にしたインタビュー記事にこんなことが書いてありました。
ビジネスって何だろうの画像

わたしの働き方改革

今、この会社にいて良かったと心から思っています。わたしたちが大切にしていることの1つに「自分に問う」というものがあります。
入社前の自分を振り返ってみると、自分に自信が持てず、もやもやとした気持ちではたらいていました。
わたしの働き方改革の画像

”早寝早起き”そんな手あかのついたお説教に、丁寧な暮らしへのヒントがありました。

「生命体が地球のリズムのなかで誕生したことを考えれば、なるべく地球のリズムに添った生活をしたほうが健康も維持しやすい」というのは納得です。できるだけ心地よいリズムを生活に取り入れて、日々を過ごしていく
”早寝早起き”そんな手あかのついたお説教に、丁寧な暮らしへのヒントがありました。の画像

「心地よい暮らし」を求めて。無垢床物件にあったのは、仕事と同心円上の暮らしでした。

先日、最近人気の賃貸住宅を見てきました。外から見る限り普通のマンションで、よく都心にある一般的なタイプの物件。 ガラス扉があって、ポストがあって、普通の共用廊下に足音が響きます。ここにどんな秘密が?と思いながら扉を開けると、雰囲気は一変。   目下広がるのは総無垢張りで出来たリビング...
「心地よい暮らし」を求めて。無垢床物件にあったのは、仕事と同心円上の暮らしでした。の画像

新しい働き方ってなんだろう コロナ後のわたしたちの働き方

新しい生活様式、新しい働き方
2020年、わたしたちの暮らしは大きく変化しています。
その状況の中で、プレコチリコという会社で働く社員の1人として感じたことや思ったことを書き残してみようと思います。
新しい働き方ってなんだろう コロナ後のわたしたちの働き方の画像

【図書部】幸せな時間について。

“ものを買うこと”を幸せのうちの1つと言って良いのであれば・・・私にとって最近の1番幸せな時間は、本屋さんに行って本を小脇に抱える瞬間。自分の財布からお金を出して、本を買うときの気持ちです。
【図書部】幸せな時間について。の画像

何かを作ること_自己との対話_苦しみに勝たずして勝つ。

社内で、こんな話をよく耳にします。
「文章を書いていると救われる(元気になる)」「何かモノを作っていると自然と心地よくなってくる」 疑う気持ちもありましたが実際に自分で書いてみると、確かに元気になってくるのです。なにも、書き始め1文字目から元気になるということではありません。むしろ「うまくかけ...
何かを作ること_自己との対話_苦しみに勝たずして勝つ。の画像

【採用コラム】未経験だからこそ。暮らしを切り取るWEBライターの仕事

プレコチリコをつくる仕事のひとつ、ライター。WEBサイトに載せるよみものを通してお客様を集め、世界観を伝えるために奮闘しています。社員のほとんどが未経験からのスタート。そもそもWEBサイト運営自体も初心者です
【採用コラム】未経験だからこそ。暮らしを切り取るWEBライターの仕事の画像

ことば探し

世界は、全て私たちが生み出してきた言葉で組み上がっている壮大なフィクションだ。そう理解できたら、「今の自分はどんな眼鏡を掛けているんだろう?」と問いかけて、新しい眼鏡を探しに本を開いては、昨日までは…
ことば探しの画像

コーヒーで頭が冴えるのは、カフェインのせいか。

朝、会社に来てから午前中までは自分の時間に充てたい。社内からそんな声が上がり、さっそく取り組みが始まっています。例えば、会議は原則として午後から。それまでの時間は本を読んだり、原稿を書いていたり。思い
コーヒーで頭が冴えるのは、カフェインのせいか。の画像