2022年7月の記事一覧

本当の自分と向き合う覚悟

本当の自分と向き合う覚悟

わたしは数日前に大きな覚悟をしました。怖くて怖くて仕方ない、だけど、しなければいけないと自分が強く感じた覚悟です。今はまだ自分のためですが、自分のためではないようにするためにも、ことばにしておくべきだと感じました。
本当の自分と向き合う覚悟の画像

es の正体_芸術❼

es の正体_芸術❼

ことばにしてしまう・・・「凜」を呼ぶ内的衝動esは、感情ではない。 esは、理性ではない。 esは、まだ、ことばになっていない。 人間の知能の、一番奥の奥に鎮座する「はず」の何ものか、である。 わたしたちの身体の中心部分、ちょうど胃とかミゾオチらへんで感じる、ことばにしたいという蠢き・衝動、そ...
es の正体_芸術❼の画像

おへそ

おへそ

芸術の力芸術には、社会とか時代とか見えないものを動かす力があると思っています。
では、今の社会をどう捉えていて、どう動かすのか、と話を展開する必要があるだろうし、それはつまり芸術が人々とか時代とかにとって、なんであるかを考えていくことになるだろうと思います。
でも、その前に私にとって芸術がなに...
おへその画像

選挙特番を見ながら考えたこと

選挙特番を見ながら考えたこと

選挙特番を見て考えたこと_私たち日本人の自画像先日、参院選が行われた。それで夜、選挙特番を眺めていた。わたしのお目当ては、東京選挙区に出馬していた、れいわ新選組の山本太郎の発言を聞くこと。自民から出馬した、もとおニャン子の生稲晃子に負けそうだということを知って「まじか?」と思いながら、普段、遠...
選挙特番を見ながら考えたことの画像

素直に生きる

素直に生きる

最近、新卒4人で話していると「素直に話したい」というような言葉をよく耳にします。私も気づかないうちに使っているかもしれません。そんな「素直」とはいったいなんなのか、立ち止まって考えてみると、自分の生き方がまた一段、鮮明になったように思います。
素直に生きるの画像

「es」 を遮る “曇りガラス” の正体_芸術❻

「es」 を遮る “曇りガラス” の正体_芸術❻

「es」はなぜ、 “曇りガラス” 越しのように見えにくいのか前回の「暮らしに芸術を。」を別の角度から考えたい。 「触れたもののesに火をつける存在」 そう、芸術と経営を位置付けた。 もちろん、esを見る目の「曇り」を晴らすことが使命なのであるから、理屈で考えても成果は上がらない。しかし、今一...
「es」 を遮る “曇りガラス” の正体_芸術❻の画像